馬・中心主義

競馬に関する様々なテーマを取り上げて、気の向くままに書き綴っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎年、この時期になると新種牡馬の当たり外れが話題になりますが、まず驚くのはSS系種牡馬の凄いことです。SS産駒としては、異彩をを放っていたゴールドアリュールが種牡馬好スタートを切りました。
SS直子の種牡馬は、初年度不発のイメージがありましたが今は昔となっています。
2年後には、あのディープインパクトが控えています。確率的には、大成功でしょうがSS系が溢れかえっているので意外と期待値ほどの仔を出さない事も考えられます。
SS系の反面、おやっと思わせるのがシンボリクリスエスです。個人的には、あまり期待していませんでしたが、彼の産駒の馬体を見ると素晴らしい出来に惚れ惚れします。一昨年牧場ツアーで見たウォーエンブレム産駒と重なりました。せっかちで白黒を付けたがり屋の当方は(これで失敗が多いんです)、上記2頭は、少なくともPOG向きではないと思います。
エルコンドルパサーの産駒は、走らないと公言(反省?)していましたが彼の産駒に近いものが、シンボリKSにあったなら古馬になってナンボでしょうか。来年デビューのキンカメは、競走成績から判断するとブレイク必至でしょうが、これも意外と2歳戦では苦戦するかも知れません。
言い尽くされていて恐縮ですが今後は、SS系種牡馬vsBMSがSSまたはSS系で語りつくせるサイヤーラインでしょう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。