馬・中心主義

競馬に関する様々なテーマを取り上げて、気の向くままに書き綴っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何が近づいたかと言うと、1歳馬の募集時期です。
競馬ファンなら「クラッシック」が正解なんですが…。昨年~今年にかけて一口My馬がサッパリなので倦怠感で一杯です。
ところで昨年来の一口ファンドの税制問題はどうなっているんでしょうか?気になります。大方の見方では予定通り大幅課税で実施されるようですが、早期の結論をお願いしたいものです。その詳細によっては、当方の一口ライフも大幅に見直しが迫られるからです。
ところで本題の1歳馬募集ですが、毎年6月に実施されていますがこの時期を3~4ヶ月程先延ばしを勝手に提案いたします!不確定要素が多すぎる競走馬がしかも生後1年余りでのチョイスがリスクだらけです。1歳夏場を越しての募集のほうがずっとそれが軽減されます。何言ってんだ「セレクトセールは当歳馬がメインだぞぉ~」と言う声が聞こえてきそうですが、そこが馬主と異なる制度や税制を強いられる?クラブ会員のメリットだと考えます。競走馬を生産する牧場側は厳しいかも知れませんが、走りそうもない馬を募集するのは罪ですよ。それと6月を避けたいもう一つの理由は、新馬戦が始まるからです。昨年募集した馬たちがこれから大舞台へと上がろうとする時期に話題が1歳募集馬にその主役を奪われがちになるからです。社台・サンデー以外では秋に募集しているクラブも多いようですが、売れ残り馬の募集という風評もあることは承知していますが、もっと飛躍的な事をいうと2歳募集でも・・・!
今年も6月のツアーには参加予定ですが、上記提案はMy馬が不調な事からくる個人的愚痴なんでしょうね!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。